穏やかな人が多い仙台には多くの人から人気を集めています

三聖堂

ショッピング

宮城県の特産品やグルメとなるとさまざまなものがあります。
宮城県と言えば宮城という地名よりも仙台の地名の方が有名です。
そして、仙台と言えばさまざまなグルメがありますが、有名なグルメといえば牛タン、笹かまぼこ、ずんだ餅、仙台味噌、長なす漬け、気仙沼市のほうではフカヒレや牡蠣などが有名です。
この中で、ずんだ餅は伊達政宗が陣中で、太刀で枝豆をすりつぶしたことが起源とされていて、その由来から陣太刀が変化してずんだとなった説があります。
長なすも伊達政宗が朝鮮役から戻ってきたころから栽培されています。
そのため400年以上も長い歴史のある食べ物となっています。
牛タンも戦後にできたものですので、仙台には長い歴史のある食べ物が多いです。

宮城県の歴史を語るうえではずせないのが伊達政宗です。
県庁所在地である仙台市は、歴史をさかのぼるともともとは国分氏の居城の千代城があったのですが、それを伊達氏が仙臺と地名を改称して、それ以降城下町を作りさらに宮城県一体の新田開発、海運を整備し仙台平野で収穫した米を江戸まで運ぶことにより、江戸時代に江戸で流通している米の多くは仙台平野で収穫した米だったとされています。
その後、仙台市は人口を100万人を超える都市となっており、政令指定都市になっています。
商業経済も東北地方の中でも一番発展しており、教育機関も仙台市内には国立大学を含め私立大学も多数ありますので、全国から仙台市内の大学に通う方も多いです。