穏やかな人が多い仙台には多くの人から人気を集めています

湧谷城

繁華街が豊富

2011年の東日本大震災の発生で多くの被害が出た宮城県ですが、復興に向けて地域を挙げて地域振興などに力を注いでいます。
宮城の特産品は数多くあり、地酒や新鮮な魚介類やかまぼこなどの加工品、野菜や果物、和菓子なども人気の特産品となっています。
その中でもブランド特産品として人気が高いのが、米です。
水のきれいな宮城県は、昔から米の生産地として人気の産地でした。
中でもひとめぼれは、寒さの厳しい宮城の地に負けない寒さに強い米づくりを目指して開発され味も良く、作りやすい米として広い範囲で作付けをされるようになりました。
宮城県では、厳しい基準を設けていてそれを通過した米をプレミアム宮城米としてブランド特産品として売り出しています。

東日本大震災以後、風評被害などで東北の作物などは軒並み販売が出来なかったり売り上げが落ちたりと厳しい状態が続きましたが、地域を挙げて厳格な検査体制を整えて安心して購入出来る体制を作り上げました。
今東北全体の地域は、復興を目指し新たな観光客や特産品のリピーター獲得に向けて積極的に情報を発信しています。
実際に東北に旅行をする人も増えていて、少しずつですが復興に向けて立ち直りを見せています。
ブランド特産品を使った新たな商品づくりも各地で活発に行われていて、県主導と言うよりも市民主導で地域を活性化する為のアイデアが多く発案され、様々なイベントが開催されています。
気仙沼や石巻などの有名な漁港をはじめ、日本三景の松島など観光客が訪れる名所がたくさんある抜群の立地を生かした魅力を発信しています。